文化の森・蝶に魅せられて

 2009/08/25(火)

「蝶に魅せられて-愛好家たちのコレクション-」
文化の森で行われています。
8月30日まで。
(2009/08/21撮影)


 蝶に魅せられて
画像
     1か月以上前(7/18)から特別陳列が始まっていました。
      “きれいなポスターだな”と思いつつ入る機会がありませんでした。
      読書会会場の予約ついでに何気なく立ち寄りました。



蝶は宝石のよう 




      
 蝶と蛾の違いは?
画像
     この標本箱の中に20頭の蝶がいますが2頭だけ蛾がいるとのこと。
      どれだか分かりますか?


Q:どうして蝶を2頭と数えるの?       
A:英語での数え方、one head, two headsから由来したものといわれています。
この数え方は明治初期に海外から日本に入ってきたといわれ、
動物園や標本カタログなどに利用されていた助数詞をそのまま利用した。

      (蝶に関する問題集)より

トップページ「ぷろてんワールド」に蝶のことが詳しく出ています。
興味のある方はぜひご覧ください。




日本は蝶研究の進んだ国として有名であり、それらのほとんどはアマチュア研究家の方々によってなされています。
近年は、日本だけでなく東南アジアを中心に、海外でも日本人による調査がなされています。
今回は四国在住のふたりのアマチュア研究家のコレクション「三谷コレクション」・「出嶋コレクション」を陳列しています。


      
画像
     私の知識では
      「蛾は羽根を広げてとまる。」
      「蛾は夜行動する。」

      例外がたくさんあるのでこのような知識では区別ができません。

     ● 触角を調べる方法が無難だとか・・・
       蝶の触角は先端が棍棒状に膨らむが蛾はひげまたは櫛状で
      先端はふくらまない。

      
      

 三谷晃良コレクション
画像
     三谷晃良(てるよし)さんは愛媛県新居浜市在住です。
            



画像
     見渡すばかり蝶が陳列されています。
      あまりにも数が多いので圧倒されます。
      



画像
     蝶のことは全く分かりませんが、ピカピカ光る色に目が
      ひきつけられます。
      ブルー・紫・・・



画像
     黄色・・・



画像
     緑・・・



画像
     少し小さめの蝶・・・


 
画像
     黄色がかわいい・・・



 出嶋利明コレクション
画像
     高松市在住の出嶋利明さんのコレクションです。



画像
     トリバネアゲハをはじめとする東南アジア各地の大型で美しい
      アゲハチョウのコレクションです。


あまりにも数が多いのでうろうろするばかりでした。
蝶のことは分かりませんが、素晴らしいコレクションを見せていただき
感動しました。