飛鳥てくてく歴史散策(1) 高松塚古墳

 2009/05/21(木)

  飛鳥てくてく歴史散策
          -大化の改新の舞台を巡る-


5/15 とくしま生協・カタリングクラブ 見学会に参加しました。

 ●国営飛鳥歴史公園館&高松塚壁画館
 ●石舞台古墳 (昼食・古代米御膳)
 ●奈良県立万葉文化館
 ●大化の改新の舞台散策

年に一度は訪れる飛鳥です。
今年のキトラ古墳「青龍・白虎」特別公開はパス、来年一斉公開に期待します。
高松塚古墳壁画も第1回に見たので今回は見送ります。

私のために計画してくださったような見学会に期待を持って参加しました。
(25名参加)
カタリングクラブ講師:加渡いづみさんがずっとガイドをしてくださいました。
4回に分け報告します。

 高松塚古墳は今

画像
     7:40am とくしま生協本部前を出発。
      10:20am頃 国営飛鳥歴史公園館着。
      少し休憩してから高松塚古墳をめざして歩き出しました。



画像
     高松塚古墳の今の姿です。
      石室は解体されすべて運び出され何も残っていません。
      石室解体は2007年4月から8月にかけて行われました。
      シートがかぶせられています。
      現在どのような作業が行われているのでしょうか。



2005年 2007年 2008年に 高松塚古墳に行った時の様子です。

 2005/11/15 高松塚古墳の様子

画像
     2005/06/27 高松塚古墳・壁画修復のため「石室解体」決定。
      2005/09/22 古墳を保護する新しい覆い屋を公開。
      新しい覆い屋に囲まれた高松塚古墳です。
      まだ解体は始まっていません。


画像
     テントの端から中の様子を見ることができました。
      たくさんのパイプをめぐらし古墳を冷却しています。



 2007/05/24 高松塚古墳の様子

画像
     石室の取り出し作業開始(4月~8月末)
      この時は解体作業が始まっていました。
      


 2008/06/07 高松塚古墳の様子

画像
     高松塚古墳にはもう何も残っていません。
      修理施設で第1回高松塚古墳壁画の一般公開が始まりました。
      6月7日 本物の「飛鳥美人」に会ってきました。

      その時のHPです。
      高松塚古墳の歴史など詳しく調べました。(↓クリック)

           高松塚古墳壁画公開 

  
      
      



画像
     すこし小高い所から見ています。
      右側に高松塚古墳。
      道に沿って少し行った所に高松塚壁画館があります。



画像
     高松塚壁画館では原寸・原色で再現した壁画が見られます。




 高松塚壁画修理施設

画像
     国営飛鳥歴史公園館の裏に高松塚壁画修理施設があります。
      ここで年に二度壁画の一般公開があります。



画像
     今回は3回目になります。
      5月31日~6月7日
      定員4000人(事前申込制)
      5月12日の発表によると応募者が定員に満たなかったので
      追加募集すると出ていました。
      5/17締切 さあどうなったのでしょうか。
      本物の「飛鳥美人」に会えるまたとないチャンスなのに・・・。



      Picasaウェブ アルバムのスライドショーに
     飛鳥てくてく歴史散策(1)をまとめました。
   
       44枚の写真からなっています。       
 
      飛鳥てくてく歴史散策(1)-高松塚古墳-  
            1.  クリック
            2. 左上の「スライドショー」クリック

    (F11キーをクリックするとフルスクリーンでご覧いただけます) 

 


ブログの一つのテーマとして「キトラ古墳・高松塚古墳」をとりあげています。
見直してみると、我ながらよく記録してあると感心します。
その時その時の様子を記録することの大切さを再認識しました。
最近のニュースが抜けていますが・・・。

        ブログ:キトラ古墳・高松塚古墳 



        ホームページに奈良のページを作っています。
        興味のある方はこちらからご覧ください。

               奈良散策 


HP・カタリングクラブへ