八万町ウォークラリー(5) カケの水神

 2009/03/26(木)

堤防工事の進む中を「カケの水神」までやってきました。
園瀬川堤防工事の記録のため何度もやってきた所です。

(2009/03/20撮影)

 *参考: テーマ「園瀬川・堤防工事」(←クリック)


 堤防工事現場を通って

画像
     県道203号を南(園瀬川堤防方面)に向かって行きます。
      大きな水仙が目立っています。



画像
     長谷川が園瀬川に流れ込む新しい樋門と堤防工事が進行中です。
      もう後数日で完成です。



画像
     この坂道を上って堤防の上まで行きます。



画像
     石垣の上に大きな木が茂っています。
      そのカーブを曲がったすぐそこにカケの水神は祀られて
      います。



 カケの水神-水神と山の神ー[下長谷]

画像
     カーブを曲がるとすぐ「カケの水神」があります。



画像
     祭神 「罔象女命(みずはのめのみこと)」 
          「大山祇命(おおやまつみのみこと)」

      『名東郡下八万村分間絵図』では山神と表記されています。
      この水神は、元禄年間(1688-1704)下長谷「風呂の下」の
      堤に分流を抜き、園瀬川の水で四ヶ村の用水を補うために
      つくられました。
      その水口に祀られました。



画像
     いつもお供えが絶えません。
      ヤブツバキが一輪・・・。



画像
     それでは次の不動明王に行きましょう。



画像
     園瀬川の対岸の堤防は昨年できあがりました。
      不動明王は堤防の向こう側にあります。


(参考:八万町の昔を探ろう・ガイドブック)

つづく・・・