キトラ・高松塚(21) 高松塚壁画公開-1-

 2008/06/07(土)

高松塚壁画修理施設で初公開が始まっています。
5/31~6/8までの9日間、事前の申し込みで選ばれた4873人
「飛鳥美人」と呼ばれる女子群像などをガラス越しで見学します。

今日、行ってきます!!!



 修理作業室の公開 参加証

画像
     4/17朝刊に応募方法が出ていました。
      その日に限って朝刊を朝早く読んでいました。
      応募方法は往復はがき、先着順。
      すぐに記入して朝8時ごろ郵便局前のポストに出してきました。

      希望の日時に参加できます。
      見学時間は約10分


 新聞記事「あなたに会いたかった」 
     
画像
     6月4日、朝日新聞に大きく記事が出ていました。
      事前勉強がこれでできました。

記事の抜粋

修理作業室の壁には高さ約1.5m、幅約2mの見学窓が三つある。
その外にある全長約16mの見学通路から、二重ガラス越しに1mほど離れた壁画を見学する。
斜め上から眺める形になるため、中央の見学窓の前には、見やすいように高さ約30cmのスロープが設けられた。
文化庁は見学者を先着順で募集したが、2週間で約12350人の応募があり、締め切りが前倒しされた。


10分間の間にどれだけのことが見られるか心配です。
とにかく様子を見てきます。

そのあと、高松塚古墳にも行こうと計画しています。
現在は石室解体のための施設を撤去する工事中で、
近くで見ることができないそうです。