第27回第九演奏会(6月1日)

 2008/06/01(日)

“西本智実が指揮する なるとの「第九」”が今日開かれました。


画像
     鳴門市文化会館前の大きな看板。
      主催:NPO法人鳴門「第九」を歌う会、鳴門市


画像
    
 プログラムの表紙です。
イラストは、1918年6月1日、板東俘虜収容所における「第九」初演の際のプログラムに描かれていたもの。当時、収容所には、ふたつの印刷所があり、所内新聞「ディ・バラッケ」や図書、演奏会のプログラムなど、多くの刊行物を発行していた。なかでも各種イベントのプログラムは、謄写版(ガリ版)による多色刷りという高い技術を用い、デザイン的にもすぐれたものであった。
 2000年12月17日、鳴門市ドイツ館がドイツ館史料研究会と徳島謄写印刷研究会の協力を得て、当時の技法で「第九」のプログラム他を復刊(製作:坂本秀童子)。今回のプログラムは、その復刻版から版をとっている。
(プログラムより)  

何度見ても、印刷のすばらしさに驚かされます。
こんどじっくり他の復刻版も見てみたいものです。

 


第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会
 ・2008年6月1日(日)開演13:00 
 ・指  揮: 西本智実
 ・管弦楽: 徳島交響楽団with東京交響楽団 
 ・合  唱: NPO法人鳴門「第九」を歌う会
        全日本「第九を歌う会」連合会
        阿南第九の会・三好市民第九合唱団

【演奏曲目】

ワーグナー作曲
歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕前奏曲
ベートーヴェン作曲
交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱付」

【ソリスト】

(ソプラノ) 藤谷 佳奈枝  (アルト) 小川 明子
(テノール) 頃安 利秀   (バリトン) 河野 克典



 演奏会当日(6/1)の様子は「第九日記」からご覧ください。

 ++第九日記++(2008/06/01)

 2008/04/06のブログもご覧ください。

 西本智実が指揮する「なるとの第九」(2008/04/06)      


 6/2 演奏会二日目

  西本智実と東京交響楽団による
               なるとの「第九」
  
   


 さあますますエンジンがかかってきます。
 西本智実さんと二度も歌える、何と贅沢なのでしょう!


********************************


  追加 
 
 徳島新聞HPに6/1の様子が出ています。

 心打つ歓喜の歌声 鳴門「第九」90年記念演奏会初日