阿波のまほろばウォーキング(1) ドイツ兵慰霊碑に「第九」を捧げる

 2008/05/06(火)

鳴門市大麻町で5日、周辺の史跡をまわる
「阿波まほろばウォーキング」が行われました。
「ベートーヴェン第九交響曲日本初演90周年協賛事業」
として企画されました。

ドイツ兵慰霊碑の前で「第九」を歌ってきました。



          「阿波のまほろば」とは

「まほろば」とは、まろやかな盆地で、まわりがやまなみにかこまれ、
実り豊かな、美しく優れた所という意味です。
道の駅「第九の里」のある鳴門市大麻町は、大麻山を背景に讃岐山脈に
いだかれ、梅・桃など実り豊かな盆地で、四国霊場や大麻比古神社など
悠久の歴史と文化を持ち、心洗われる気持ち豊かな所です。

「阿波のまほろば」と呼ばれる地を散策しました。

ドイツ館前集合(10:00)→船本牧舎→板東俘虜収容所跡
→慰霊碑→ドイツ館→ロケ村散策(14:30解散)






 ドイツ館前集合

画像
     10:00 鳴門の第九仲間を中心に約30名が集まりました。


  船本牧舎(登録有形文化財)

画像
     まずドイツ兵捕虜が設計した「船本牧舎」にやってきました。
      1917年 東半分が建てられ、1919年 西側部分が増築されました。
      船本牧舎は一階がレンガ造り、二階が木造の珍しい構造です。


 板東俘虜収容所の正門跡

画像
     板東俘虜収容所の正門跡です。
      石柱だけが残っています。


 第九初演の地

画像
     鳴門市営団地の中に「第九日本初演の地」があります。



 「坂東俘虜収容所跡」の入り口

画像
     「坂東俘虜収容所跡」の入り口があります。
      地元の方の努力でつくられました。


 バラッケの遺跡

画像
     学芸員の下田さんから詳しい説明を受けました。
      バラッケ第5棟跡です。


 製パン所遺構

画像
     2007年12月 30cmから40㎝掘ったところレンガ積みが出て
      きました。
      給水設備も発掘されました。  


 慰霊碑を目指して

画像
     製パン所跡を後にして慰霊碑を目指します。


 ドイツ兵慰霊碑に「第九」を捧げる

画像
     「アンネのバラ」の献花の後、ドイツ語と日本語で
      「第九」を捧げました。
      「友愛の花」(作詞:高橋敏夫 作曲:新川 清)を合唱しました。
      歌声は届いたでしょうか。


    Picasaのウェブ アルバムのスライドショーに
     まとめました。

       (F11キーをクリックして大画面表示でご覧ください)

 阿波のまほろばウォーキング(1)
           ドイツ兵慰霊碑に「第九」を捧げる
 
 



明日に続く・・・