合唱団なると35周年記念演奏会

 2008/03/10(月)

合唱団なると35周年記念演奏会が鳴門市文化会館で
行われました。
満員の会場で美しい歌声が響き渡りました。


(画像をクリックすると大きくなります)

(2008/03/09撮影)


 オープニング

  女声のための合唱ファンタジー「みすゞこのみち」から


画像
     しっとりとやさしく・・・。
      指揮:山西加容子  ピアノ:角 多恵子


 男声合唱の響き

画像
     平成18年「合唱団なると」から独立して活動している
      「メールハーモニー潮」の舞台です。
      メンバーも増えました。
      大井美弥子先生の指導でますます充実してきました。


画像
     衣装替えでさわやかに。
      ワカメ色? ウグイス色?

      
                  ・・・・・・休憩・・・・・・


 ロビー展

画像
     多くの方の協力で建立した野口雨情の歌碑などのパネル紹介です。
      詳しく紹介されています。


画像
     「合唱団なると」の35年の歩みを写真などで紹介しています。


 野口雨情コレクション      
      
画像
     詩人野口雨情が鳴門を訪れた1936年に作詞した「鳴門小唄」に
      合唱団員の浅野里江さんが作曲しました。
      法被姿のメンバーが踊りを付けて合唱しました。


画像
     雨情コレクション・・・・・十五夜お月さん・証城寺の狸囃子・
      青い眼の人形・赤い靴・雨降りお月さん・5曲を印象的な踊りを
      脇に歌いあげました。


画像
     合間に遠藤綾子さんの箏独奏がはいり観客の気持を盛り上げます。



 恋のメドレー
      
画像
     衣装が一転して真っ赤です!
      皆さんの情熱が伝わってきます。


 クロージング

画像
     花束贈呈


画像
     最後は男声と一緒に「川の流れのように」を合唱しました。


充実した演奏会・・・
楽しませてもらえました。
ありがとうございます。
帰って行く観客の皆さんのニコニコした笑顔が印象的でした。
40周年、待っています。