和紙人形・藍の生(3)

 2007/09/18(火)

現在も月1回、鴨島の「専修舘」で藍染をしています。
和紙人形の藍染の様子を見ていると今と変わりません。
「藍建」の様子も見せていただいたことがあります。


(2003/05/22撮影)


 藍染

画像
     藍建(あいだて)
      「すくも」は水に溶けないので灰汁(アルカリ液)で液状にします。

  
画像
     藍染


画像
     かめの水面には泡(藍の花)が立っています。
      染められる状態です。     
 

画像
     豊富な水で染め上がった布を洗います。


画像
     型染めでしょうか?


画像
     干し場


画像
     干し場全景


画像
     干し場・・・奥に干してあるのはゆかた用でしょうか。


画像
     干し場・・・染めた糸を干しています。
      この糸を使って反物を織ります。


画像
     幅広の布を染めています。
      大きな風呂敷にでもするのでしょうか。


画像
     染めの濃淡・・・藍色にもたくさん色があります。



 詳しいことは藍住町歴史館「藍の館」のホームページを
  ご覧ください。


  ++ 藍の館-藍染め- ++


ホームページ作成の先輩「Iさん」が藍のことを詳しくまとめて
  います。紹介させてください。


  ++ 阿波の伝統 ++


             藍の生 -おわり-