和紙人形・藍の生(1)

 2007/09/16(日)

徳島新聞で河野操さんの記事を続けて拝見し、懐かしく
なりました。
藍染や和三盆糖など、徳島の伝統産業に汗を流した人々を
和紙人形で表現しています。


画像
     9月7日徳島新聞夕刊に大きく特集が出ていました。
      84歳になられ、ますますお元気で活躍されています。
      ふと4年前のことを思い出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 和紙人形に観る阿波の伝統産業展

2003年5月20日~25日、文化の森で
「和紙人形に観る阿波の伝統産業展」が開かれました。

散歩の途中、ふらっと立ち寄りました。
河野操さんから気軽に説明していただき感激しました。

お蔵入りになっていた写真ですが、河野操さんの作品の
すばらしさを少しでも紹介できればと思いまとめました。

つたない写真が多く恥ずかしいのですが、記録だと思い
載せてあります。


 写真をクリックすると大きな画像が見えます。
  

画像
     この看板にひかれ中に入りました。
      独身時代、少し和紙人形を習ったことがあるので興味しんしんでした。


画像
     まず藍染です。
      当時3年ほど藍染を習っていたのでどきどきしました。


画像
     農家の仕事「種まき」
 

画像
     「藍刈り」


画像
     「藍切り①」


画像
     「藍切り②」


画像
     「藍こなし」


画像
     「蒅(すくも)」と「葉藍」


 詳しいことは藍住町歴史館「藍の館」のホームページを
  ご覧ください。


  ++ 藍の館 -阿波藍の栽培- ++

 
 つづく・・・